セフレ作り専門学校

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順

LINEの返信のペースは?LINE依存だと思われてはいけない

LINEは気軽にメッセージのやりとりができる便利なツールです。インターネットがつながる環境にあれば、いつでもどこでもLINEでつながることができます。ですが、これは逆にLINEの弊害ともいえるものです。

LINEに常につながっていないという不安という状態を引き起こしてしまいます。それは場合によってはLINE依存症というような状態ともなってしまうでしょう。そうなると相手にプレッシャーを与えてしまうことにもなりかねません。

・即レス至上主義からの脱却

LINEというのは常につながっているからこそ即レスが大事だといわれています。とにかく相手のメッセージを読むか読まないかということは関係なしに、何かしらのリアクションを返すということが求められています。

これは会話における相槌のようなものだともいえるでしょう。LINEではそうしたコミュニケーションのために、スタンプなども用意されています。

ですが即レスがなければダメというわけではありません。やはりLINEだけをしているわけではないので、場合によってはLINEが返せないこともあるということを知るべきでしょう。

もちろん相手の女性が即レスを求めるようであるならば、それに応じることは効果的です。ですが、相手がそれを求めていない場合、少なくともLINEをすぐに返してくるようなタイプではない場合には、きちんと相手のペースをつかむことが重要です。

相手のペースをつかむという場合には、時によっては数日タームの返信であってもよいです。それはそれで、その人のペースということになるからです。LINEというのはいつでもメッセージが発することができる場所です。

ですから、それをしっかりと把握しておくようにしましょう。焦って相手に自分のペースを強要してしまうことがLINEではもっともやってはいけないことなのです。

・返信を強要しない

さらにLINEというのはラリーのように言葉が続くことが理想です。その場合、質問攻めということにもなってしまいます。あれはどうなのか、これはどうなのかという無理くり話題を作っていくようなことは必要ありません。

むしろ何か話題を作ること、返信をすることを相手に暗に求めるようにもなってしまいます。そういうことがないようにすることが重要です。 LINEのやりとりは普段の日常会話であるようにあくまでもさりげない話題がラリーのように続くというのがひとつの理想形ではあるのです。

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順


最近読まれてる人気記事


<<悪用厳禁!>>
今すぐセフレを作る方法⇒