セフレ作り専門学校

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順

一気に場を温める、合コンの自己紹介テクニックとは

合コンをすすめるにあたって、重要なポイントは自己紹介です。自分と自分たちのことを知ってもらう場ですから、ここで爪痕を残すということを意識すると良いでしょう。

コンパクトにやる

合コンの自己紹介のポイントはコンパクトにやるということです。飲める時間は限られているのですから、だらだらとやっていくとあっという間に時間が過ぎてしまいます。そうしたことがないように、自己紹介はなるべくコンパクトに行うようにしましょう。

コンパクトな自己紹介を実現させるためには、だらだらと話をさせないというポイントが重要です。それには仕切り役となる司会者を立てるようにすると良いでしょう。こちらも女性参加者をリードしやすい、主導権をにぎりやすいように男性が行うのがベストです。

用例はどういうもの?

一例をあげます。それではそろそろ自己紹介タイムということで、男性参加者の一人が仕切り役を名乗り出ます。

まずは彼自身から自己紹介を行いましょう。「こんにちは。山田太郎です。今日は幹事の鈴木くんの高校の同級生です。音楽が好きです。今もバンドやってますよろしく」といったものです。

シンプルすぎますが、名前と、どういう関係で来たのか、趣味とそのサブカテゴリといった4つの情報が入ってます。こうした自己紹介をすれば、よほど空気が読めない人である限り、次の人も同じような自己紹介をしていくでしょう。

サブカテゴリの重要性

ここでいう自己紹介では趣味のサブカテゴリというものが重要だったりします。音楽が好きな人でも、どういうタイプなのかでことなります。ロックが好きなのかクラシックが好きなのかで大きく異なります。

さらに音楽もライブやフェスへ行くのが好きなのか、家で音を聞いたり音楽雑誌を読んだりといったインドアな暮らしが好きなのかといったことでも大きくことなりますよね。こうしたサブカテゴリを提示しておけば、興味がある人が話しかけやすくなりますから意識するようにしましょう。

質問をはさむ

さらに自己紹介をもりあげるポイントとしては質問を挟むというものですね。これによってより話を広げるポイントというものが現れるというものがあります。

先ほどの用例でいえば「バンドをやってます」という人に対して、別の人間が「パートはなんですか?」というのです。そうなると「ギターです」と答えれば、この人はギターが好きなんだという話になっていきますよね。

同じように女性参加者の自己紹介にもずいじ質問を挟んでいくようにすれば「私はあなたに興味があります」というアピールにもつながるので効果的です。

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順

誰でも簡単に作れる!最速” セフレ作りの手順

<<悪用厳禁!>>
今すぐセフレを作る方法⇒